嫁に内緒でカードローン

嫁(妻)に内緒で利用できるカードローンがある

嫁(妻)には内緒でお金を借りたいという事もありますよね。お金のことは夫婦と言えども隠しておきたい部分はありますからね。

 

この嫁(妻)に内緒で借りたい目的として次のようなものが挙げられます。

  • キャバクラ代
  • 風俗代
  • パチンコ代
  • 趣味に使うお金
  • クレジットカードの支払いに充てる
  • 嫁(妻)へのプレゼント代
  • 飲み代

一部ではありますがこういったことに使いたいという既婚の男性がいます。こういったことの為に「家にある貯金を下ろしてちょうだい!」とはちょっと言えませんからね・・・。

 

このような場合にカードローンでお金を借りるようになりますが、嫁(妻)に内緒で利用することが出来るのか?という事が気になりますよね。バレたら問い詰められるのは間違いないでしょうから。

 

で、内緒で利用できるか?という事ですが、内緒で利用できるカードローンがあるので安心してください!

 

ただ、注意しないといけないポイントや、どのカードローンでも内緒で利用できるわけではありませんので、以下に注意点や内緒で利用できるカードローンを紹介しておきますね。

 

郵送物に注意!

嫁(妻)に内緒でカードローンを利用する際ですが、1番注意しないといけないことは「郵送物」です。

 

家に送られてくる郵送物から嫁(妻)にバレるという可能性が出てきますからね。旦那名義での郵送物だったとしても、勝手に開けられなかったとしても「何だったの?」と問い詰められるのは間違いないでしょうか。

 

自分自身だけが家にいる時に郵送物を受け取れればいいですが、嫁(妻)のほうが家にいる可能性が高い事の方が多いので、この郵送物には注意が必要になります。

 

まず申し込みして審査が通った際に、

  1. カードが送られてくるカードローン
  2. カードレスで利用できるカードローン
  3. カードを自動契約機に取りに行くことにより郵送物がないカードローン

があります。

 

まずカードが送られてくるカードローンですが、銀行が発売しているカードローンは基本的に自宅にローンカードが送られてきて、そのローンカードを利用してATMなどでキャッシングしてお金を借りるという流れになります。

 

ですので、嫁(妻)に内緒にしておきたい場合は銀行カードローンは避けておいたほうが良いです。

 

しかも、銀行カードローンの場合申し込みしてからカードが送られてきて、実際に利用するまでに2〜3週間ほどの期間が必要になります。急いでいる人にとっても銀行カードローンはNGになりますね。

 

次にカードレスで利用できるカードローンですが、嫁(妻)に内緒で簡単に借りるのならばこの方法がベストと言えるでしょう。

 

一部の消費者金融ではカードレスで利用できるようになっていて、カードなどの郵送物が全くないというところがあります。これならば郵送物からバレる心配は一切ありません。

 

カードレスでどうやって借りるのか?というと、契約後に管理画面にログインして振込キャッシング指示を出せば、自分がいつも使っている銀行口座に振込してもらうことが出来ます。

 

振込後に持っているキャッシュカードを利用して、銀行ATMやコンビニATMでお金をおろすというだけになります。

 

この方法の場合一つ問題があって、通帳記入などをして履歴を見た場合に、嫁(妻)にバレるという可能性があるのです。通帳を嫁(妻)に渡している人は注意が必要です。

 

あと、カードレスでのもう一つの利用方法として、契約後にその消費者金融のアプリをスマホにダウンロードして、その後にセブン銀行ATMに行き操作することでキャッシングできるというものです。

 

これだと銀行口座に履歴などが残らないわけなので、バレる心配はないのでこの方法が安心と言えます。

 

あと、カードを自動契約機に取りに行くことにより郵送物がないカードローンですが、審査通過後に近くにあるその申し込みした消費者金融の自動契約機に行くことにより、その自動契約機でカードを受け取ることが出来ます。

 

そのカードを受け取ったら自動契約機の隣にあるATMでキャッシングしたり、提携の銀行ATMやコンビニATMでキャッシングするという流れになります。

 

このカードで借入する場合も、カードを取りに行くという煩わしさはありますが、バレずに安心して利用できる方法です。

 

ですので、以下に嫁(妻)に内緒で借りれるカードローンを紹介しておきますね。

嫁(妻)に内緒で借りれるカードローン

プロミス

嫁(妻)に内緒で借りやすいカードローンとしてプロミスはおすすめです。

 

まずプロミスは契約後は原則24時間いつでも振込可能となっています。

 

深夜なんかでも振込してもらえる銀行が200ほどあるので、自分が利用している銀行がこの中に入っていれば24時間いつでも振込してもらうことが出来ます。

 

またカードレスでアプリを使って借り入れすることもできるので、銀行口座の履歴からバレる心配のある方も大丈夫です。

 

契約後にスマホにプロミスのアプリをダウンロードし、セブン銀行ATMですぐに借り入れすることが出来ます。

 

これらの郵送物なしのカードレスで利用するには、ネットで申し込みして「口座振替による返済」を選択しないといけませんので、申し込みの際にはkなあらず選択するようにして下さい。

 

あと、プロミスは自動契約機がかなり多いのですが、その自動契約機にカードを取りに行って郵送物なしで借入することも可能となっています。

 

 

レイクALSA

レイクALSAもカードレスでも利用できますし、振込キャッシング、自動契約機にカードを取りに行くというのでも利用できるようになっています。

 

ですので、嫁(妻)に内緒で借りたいという方にはおすすめのカードローンです。

 

レイクALSAも振り込める時間が拡大している銀行が沢山あるので、振込キャッシングでも便利です。

 

21時(日曜日は18時)までに契約手続きが完了しておくことにより、当日中の借入が可能となっています。

 

ですので、遅くとも20時(日曜日は17時)までにネットでの申し込みは完了しておいたほうが良いでしょう。

 

ギリギリになってしまうと、審査の状況によっては翌営業日になってしまいます。

 

もう一つのカードレスでのキャッシングですが、プロミスと同じで契約後にスマホにレイクALSAのアプリをダウンロードして、セブン銀行ATMを利用してキャッシングすることが出来ます。

 

この郵送物なしで利用する場合は、「Web完結(郵送なし)」で契約すれば大丈夫です。

 

 

アコム

アコムは郵送物なしで利用するには、自動契約機にカードを取りに行かないといけません。

 

プロミスやレイクALSAのように、カードレスでアプリでキャッシングというのが出来ませんので、ちょっと煩わしさはありますが自動契約機にカードを取りに行けば嫁(妻)に内緒で借入することも可能です。

 

振込キャッシングの場合でもカードは送られてくるので、郵送物をなくすためには自動契約機にカードを取りに行くのは必須となります。

 

利用中にも郵送物が届かないようにしておく

申し込みして契約の時に郵送物が届かないというのはまず大事ですが、その後の利用中にも郵送物が届かないようにしておくのは大事です。

 

まず、利用明細書は必ずネットで確認するように選択しておいてください。

 

でないと、利用したときに明細書が郵送で送られてくる可能性もあるのです。

 

基本的に利用明細書はATMなどですぐに発行されるのですが、提携ATMなどによって記載しなければいけない情報が足りない場合などに、郵送という事になってしまうのです。

 

ですので、この郵送物から嫁(妻)にバレてしまう可能性もあるのです。

 

ですので、必ず契約後に会員ページにログインしてWeb明細を選択できているかという事を確認するようにして下さい。

 

あと、もう一つ郵送物で注意しないといけないのが、延滞した際の「督促状」ですね。

 

返済が出来なくて延滞してしまうと、まずは電話がかかってきますが、その後に督促状などが届くようになります。

 

延滞したからと言ってすぐに督促状が届くわけではないので、電話は無視せず必ず出るようにしましょう。かかってきたときに仕事などで取れなかった場合は、必ずかけなおすようにして下さい。

 

というか、延滞したとか支払いができないという事実が分かった時点で、相手の消費者金融には自ら連絡しておくのが無難です。

 

ですので、延滞による督促状の郵送により嫁(妻)にバレないように、なるべく延滞はしないように計画的に借りるようにしましょう。

 

嫁(妻)に連絡はない

カードローンの審査の際などに、消費者金融側から嫁(妻)に連絡は入らないのか?というのが気になるかもしれませんが、嫁(妻)に連絡はありませんので安心してください。

 

そもそも申し込みの際に嫁(妻)の携帯番号を書くところはありませんので、連絡のしようもないですからね。

 

連絡があるのが申し込みしたときに記載した職場に本当に勤めているのか?というので会社に在籍確認はあります。

 

この在籍確認は必ずありますので、審査がスムーズにいくためにも、確認ができるような体制を整えておくといいでしょう。

 

もしその在籍確認の電話がかかってくるときにご自身はいなくてもいいので、かかってくるという旨を電話を取りそうな人に伝えておくのもありです。

 

消費者金融からからの在籍確認があるというのはちょっと言いづらいでしょうから、クレジットカードに申し込みしたのでクレジット会社から在籍確認があると言っておくといいでしょう。

 

在籍確認の電話は個人名で「佐藤ですけど、○○さんいらっしゃいますか?」といった感じでかかってくるので、どこからだれが欠けてきたかというのは電話を取った人にはバレませんからね。

 

奥さんの親の会社などに勤めている人の場合は、奥さんの家族側の人が電話を取るとバレる可能性も出てきますので、申し込みした後はご自身がその会社にいて電話をとれる環境を取っておくといいでしょう。

 

あと、個人事業主の人の場合で固定電話がない場合は、携帯電話を登録しておけば大丈夫です。

 

その携帯電話に在籍確認みたいな感じで取りあえず電話があり、その後に確定申告書等や取引契約書などの必要書類を教えてもらえます。

 

サラリーマンと違い普通に在籍確認が取れませんので、個人事業主として事業を営んでいるという証明が必要になりますので、何かしらの書類が必要になるのは仕方ありません。

 

この時に言われた書類をスマホのカメラで撮影して送るだけなので簡単です。

page top